外国人技能実習生の受入れの流れ

申込みから技能実習スタートまで

 

  1. 当組合にご加入していただきます。
  2. 「外国人技能実習生受入れ申込書」に必要事項(受入れ職種、作業、人数等)をご記入の上、提出していただきます。
  3. 技能実習生の第1次・第2次選考は、ご提出いただいた「外国人技能実習生受け入れ申込書」に基づいて、送出し機関と当組合が行います。
  4. 技能実習生の第3次選考以降は、受入れ企業の人事担当者の方が、現地で面接していただくか、Skype等にて日本で面接していただきます。
  5. 受入れ企業は、採用した技能実習生との間で「雇用契約書」、「雇用条件書」を締結していただきます。
  6. 次に、外国人技能実習生の受入れのための各種手続きを行います。
    1. 受入れ企業は、技能実習責任者、技能実習指導員(5年以上の職務経験を有する常勤の従業員)、生活指導員を選任していただきます。
    2. 受入れ企業は、当組合を経由して外国人技能実習機構に「技能実習計画」の認定申請を行います。
    3. 外国人技能実習機構の認定後、当組合が、採用した技能実習生が日本で実習できるように入国管理局へ在留手続を行います。
    4. 入国管理局の許可後、送出し機関が、採用した技能実習生が日本で実習できるように在外公館で査証申請を行います。
  7. 各種手続き完了後、当組合が、「技能実習計画」に基づいて技能実習生の入国日を決定し、受入れ企業にお知らせいたします。
  8. 技能実習生の入国後、約1ヶ月間の集合講習がスタートします。
  9. 集合講習の終了後、技能実習生は受入れ企業に配属され、受入れ企業での技能実習がスタートします。