外国人技能実習生の受け入れをお考えの方

フレンズ協同組合は、2005年に外国人研修生の初回受入れを開始してからこれまで、約14年間、外国人技能実習制度の趣旨である「人づくり」に基づいて、中小企業を中心に100社以上、1,000名を超える外国人技能実習生の受け入れを実現し、人材育成を通じた国際貢献に取り組んでおります。

当組合の組合員企業には、「技能実習生が自分の手がける仕事に対して、最後まで責任を持ち、自分で仕事の成果物の善し悪しを見極められるレベルまで育てること」を育成目標にして頂いており、当組合は組合員企業の目標達成に向けて、全力でサポートさせていただいております。