【9月4日更新】タイ技能実習生の日本入国手続きについて
2020.9.9 お知らせ

現在、タイからの技能実習生は「レジデンストラック(例外的に本邦への入国が認められるものの、追加的な防疫措置の実施を確保するために、本邦入国後の14日間の自宅等待機をさせるスキーム)」にて入国しております。

今般、外務省は9月4日に、このレジデンストラックの誓約書の内容を更新しました。その為、11月以降に入国を予定している3号実習生及び特定技能外国人につきましては、既に誓約書を頂いておりました企業様にも、あらためて誓約書への押印をお願いすることとなりますので、各企業のご担当者様へ当組合より個別にご案内をさせて頂きます。

詳細につきましては、外務省ホームページ(https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/cp/page22_003380.html )をご参照ください。