外国人技能実習生の受入れまでの手順

受け入れの流れ

 

外国人技能実習生の受入れまでの手順

  1. 外国人技能実習生の受け入れを希望される場合は、まずフレンズ協同組合加入書に必要事項をご記入し、当組合にご加入していただきます。
  2. 「外国人技能実習生受け入れ申込書」にご記入していただきます。
    技能実習生の人選は、送出し機関での書類選考を経て、受入企業の労務担当者の方に現地で面接またはSkypeによる面接をしていただきます。
    派遣国送り出し期間とフレンズ協同組合との契約手続きを経て人選決定。
  3. 受け入れ企業において実習指導員(5年以上の職務経験を有する常勤の従業員)、生活指導員を選任していただきます。
  4. 派遣国における事前研修開始の確認。
    採用実習生と受入企業の間で法務省入国管理局のガイドラインに基づく「雇用契約書、雇用条件書」の締結をいたします。
  5. 外国人技能実習生受け入れのための各種手続きを行います。
    1. JITCOを経由して「在留資格認定証明書」の申請を所轄の入国管理局長宛に提出いたします。
    2. 組合と受入企業と実習生の審査が行われ、上記の認定証明書が入国管理局長から交付されます。
    3. 「在留資格認定証明書」の原本を派遣国の送出し機関に送付いたします。
    4. 送出し機関と協議して、日本へ入国する日時と場所を決め、渡航手段を最終的に確認いたします。
    5. 入国の日時が確定したら、組合よりご連絡いたしますので受入企業では受け入れ準備を行っていただきます。その手順は組合事務局がお手伝いいたします。
  6. 入国時には空港へ組合職員が出迎え、集合講習実習施設へ移動し、約1ヶ月間の集合講習に入ります。
  7. 約1ヶ月間の集合講習終了後、受入れ企業へ配属いたします。配属日から受入企業の雇用下において実習が開始となります。
  8. 配属日までに、受け入れ企業において実習生用宿舎施設(目安として6畳1間に2人)の確保、寝具、調理器具、食器、自転車等生活上必要なものを準備していただきます。
    また、作業服、安全靴、安全帽等の準備もしていただきます。
  9. 配属後は、法令で定められた、安全衛生上必要な措置を講じていただきます。
    技能実習総合保険のほか労災保険及び健康保険に加入、実習日誌の作成をしていただきます。